ファミリーサンデー 2018年冬

January 14, 2018

今日はファミリーサンデーの礼拝でした。

 

さがみ野教会では、年に4回ほど「ファミリーサンデー」の日曜礼拝を献げています。

礼拝のプログラムも、讃美歌も、聖書のお話も、子ども向けのものになり、子どもの礼拝に大人も出席しているイメージです。

さがみ野教会では、普段の日曜日でも、最初の30分ほどは子どもも参加していて、そのときに子ども向けの聖書のお話をしています。ただ、あくまでも大人向けのプログラムに子どもも参加している、というニュアンスの方が強いことは否めません。

 

しかし、このファミリーサンデーでは、子どもが献げる礼拝をメインにしていて、そこに大人も出席しています。子どもにとっても理解しやすい内容ですし、大人にとっても意味があることだと思っています。

イエス・キリストは、大人たちの真ん中に子どもを立たせました。子どもに学び、この子どものひとりのようになるようにとおっしゃいました。

それは、とても具体的なことだと思います。

 

そんな思いをもって、ファミリーサンデーの日曜日を覚えています。

 

さて、2018年最初のファミリーサンデーには、近所の小学生が15人ほど来てくれました。普段は礼拝するために教会に来たことのない子どもが礼拝に来てくれた!こんなに嬉しいことはありません。

 

礼拝の後、今回はお餅つきをしました。

つきたてのお餅はおいしいですね。それに、みんなでするお餅つきは楽しいです(*^_^*)

 

わたしは以前はそれほどお餅つきの経験はありませんでした。餅つき大会に参加して何回かペッタンペッタンするくらい。

そんなわたしもさがみ野教会に来て、毎年餅つきをするようになって、餅つきスキルがアップしている!・・・ハズです。

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

記事一覧

March 26, 2018

December 27, 2016

December 9, 2016

Please reload

アーカイブ